ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウインゼノビア カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20160021 2歳 スクリーンヒーロー ゴシップクイーン 栗毛 2016/3/15 3.25万円 (400口) 美浦・青木孝文
馬名の意味・由来 : 人名より/Win Zenobia
近況
更新日
2018年6月14日(木) 
 来週の東京土曜1R芝1600mを戸崎騎手で予定しているウインゼノビアは、昨日13日(水)は角馬場から坂路を1本、本日14日(木)は坂路を2本とういうメニューを消化していました。
 青木調教師は「脚元も含めて、前走後も何も不安は出ていません。一度使ってピリッとはしてきましたが、これまでが牝馬としては落ち着きすぎていただけですし、いい意味での気合乗りと捉えています。今後は週末と来週の2本で競馬に向かう予定ですが、前回ゲート入りを渋ったこともありますので、その練習もしておきます」と話していました。
更新日
2018年6月7日(木) 
 先週の東京では、前を見る形で進み、直線でも脚は使ったものの、勝ち馬にはうまく逃げ切られてしまったウインゼノビア。レース後は、昨日6日(水)から乗り始めていますが、脚元などに問題はありません。
 青木調教師は「さすがに土曜日のカイバはほぼ残していて、翌日も完食とはいきませんでした。それでも、今週に入ると食欲もいつも通りに回復しましたし、球節もまったく不安はありません」と状態を説明し、「負けはしましたが、内容自体は悪くありませんでしたし、センスの良さも見せてくれたと思います。これまで追い切り後もまったくカイバが上がらなかったのはこの馬には楽だったからなのかもしれません。今回厳しい競馬を経験したことで息遣いも変わってくるでしょうし、次は上積みも大きいと思います」と話していました。
 なお、次走は中2週で6月23日、東京土曜1R芝1600mに向かうことが決まり、松岡騎手が函館での騎乗のため、戸崎騎手に変更となっています。
更新日
2018年5月31日(木) 
 いよいよ今週デビューを迎えるウインゼノビアは、週末27日(日)は坂路で4F58秒7、ラスト1F12秒3という時計を馬なりでマークしています。
 青木調教師は「調教を強めてきてもカイバは落ちませんし、脚元も悪化はありません。週末の坂路も最後手綱を緩めたら、スッと脚を伸ばして時計が速くなってしまったほどです。素質が高い馬なことは間違いありません」と振り返っていました。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日30日(木)にWコースにて行われました。相手は先週と同じく古馬500万下ラスカルグレイで、松岡騎手騎乗のゼノビアが追走して5Fからゆっくりとピッチが上がります。前半はガッチリと抑え進み、3、4コーナーで内から迫ると、直線では後ろから来た他厩舎の馬とも重なり、多頭数での併せ馬となります。そこから松岡騎手が軽く仕掛けると一気に反応し、最後は相手に4馬身の先着を決めていました。時計は5F69秒5、ラスト1F12秒1でした。
 松岡騎手は「先週ビッシリとやっていますし、もう全体的に速い時計は必要ないので、前半は抑えてゆっくり進みました。先週よりコースでの走り方が良くなっていましたし、仕掛けた時の反応も抜群でしたね。まだ走るフォームなどに課題はあるものの、この時期の2歳としては時計も動きも優秀です。あとは左回りはまだ走ったことがありませんし、それと芝の感触も確かめたいので、金曜日に左回りの本馬場へ入れてもらえるよう、先生に相談します。初戦からしっかりと結果を出さなくてはいけない馬だと思っています」と感触を説明していました。
 そして本日31日(木)は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の東京土曜5R芝1600m牝馬限定戦に松岡騎手で出走が確定しています。
 青木調教師は「追い切りはハロー明けということでゴチャついたことは想定外でしたが、多頭数の本番のレースような形になり、そこでむしろ怯むこともなく、しっかりと伸びた内容には驚きました。ガツンと掛かるところもなかったですし、常に平常心で鞍上の指示にもしっかりと従うんです。追い切り後もカイバ桶に頭を突っ込むように食べてくれているのも頼もしいところです。どんな状況にも対応できるタイプで、芝や左回りも心配ないとは思いますが、経験しておくことに越したことはないので、明日はその練習とゲート確認もしておきます。初めての競馬で相手もあることではありますが、これだけの期待を持ってデビュー戦を迎えられるのは何よりです。スクリーンヒーロー産駒の牝馬が走っていないことは嫌なデータではありますが、それを自分が覆すのもやりがいがあります。まずは今週末にいい結果をお届けしたいですね」と期待を語っていました。
更新日
2018年5月24日(木) 
 来週の東京土曜5R芝1600m牝馬限定戦を松岡騎手で予定しているウインゼノビアは、週末20日(日)には坂路で追い切りがかけられ、4F55秒6、ラスト1F13秒1という時計を馬なりでマークしています。
 青木調教師は「15〜15秒に毛が生えたところをやる予定が、普通の追い切りになってしまいました。ただ、これでもまったく無理をさせたわけではなく、追い切り後も息がひとつも乱れないんです。やはり素質はかなり高そうですね」と週末を振り返っていました。
 今週は、昨日23日(水)にWコースにて1週前追い切りがかけられました。相手は古馬500万下ラスカルグレイで、松岡騎手騎乗のゼノビアが追走してスタートし、5Fからピッチが上がります。コーナーでは内から迫り、直線での併せ馬では軽く仕掛けられるとスッと相手の前に出て、そのまま1馬身の先着を決めていました。時計は5F67秒3、ラスト1F12秒5でした。
 松岡騎手は「初めてのフラットコースでの速いところということで、まだ体の使い方が分かっていませんでした。どうしても伸びて走ってしまうところがあり、ここが改善点ですね。しかし、デビュー前の新馬でこれだけ動けるんですから、普通であれば合格点を与えてあげなくてはいけないくらいなんです。ただ、この馬は求めるものがかなり大きいですから、課題をしっかりとクリアさせて、軌道に乗せていきたいですね」と感触を語っていました。
 また、青木調教師は「球節の熱感があり、コースでやるかどうかは迷うところもありましたが、担当者がしっかりとケアをしてくれていて悪化はなかったので、今朝はWコースでビシッとやりました。相手は500万でも稽古は動く馬だったので、どれだけやれるかという感じで見ていましたが、楽に先着でしたね。さらには追い切り後もバリバリとカイバを食べているんです。もうこの馬はひとつ勝つとかそういうレベルではなく、かなり上のところを目指さなくてはいけないのだと改めて感じました。まずは来週、無事にデビューできるよう、この後もしっかりと調整していきます」と話していました。
 なお、追い切り明けの本日24日(木)は軽めの運動をこなしていました。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
1戦 0勝 0 1 0 0 0 0
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
5/30 松 岡 美南W 69.5 53.9 39.0 12.1 2 G前仕掛け
ラスカルグレイ(古500万)一杯の内0.4秒追走0.8秒先着
5/26 助 手 美南坂 58.7 40.6 25.7 12.3 馬ナリ余力
5/23 松 岡 美南W 67.3 52.2 37.9 12.5 6 強目に追う
ラスカルグレイ(古500万)一杯の内0.4秒追走0.2秒先着
5/20 助 手 美南坂 55.6 40.1 26.5 13.1 馬ナリ余力
ダディーズマインド(新馬)一杯に0.1秒先行0.2秒先着
アルバム
2018年6月15日
2018年4月20日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。