ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウインアブソルート カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20140006 3歳 ステイゴールド コスモヴァレンチ 黒鹿毛 2014/3/29 15.5万円 (400口) 栗東・加用正
馬名の意味・由来 : 完全無欠な/英語/Win Absolute
近況
更新日
2017年5月18日(木) 
 中1週で今週の出走も視野に入れているウインアブソルートは、昨日17日(水)にダートコースにて追い切りがかけられました。相手は3歳未勝利マサノハヤテで、アブソルートが先行してスタートしますが、すぐに併走になります。直線に向いてもまだアブソルートも手応えがありましたが、最後はほぼ一杯になり、半馬身ほどの遅れでゴールしています。時計は6F82秒9、ラスト1F12秒1でした。
 騎乗した牧野調教助手は「ドンドン馬が良くなっていますね。以前はどこで走らせても4角で一杯の手応えだったのですが、今は最後まで辛抱できますし、こっちの指示通りに手前を替えてくれて、そこから伸びるようになったんです。変なことをしなくなって精神面が成長していますし、背中を使えるようにもなってきて、その点での上積みも感じます。成長分があるので一概には言えませんが、以前の芝の時よりダートの方が走りがいいんです。あまりキレというタイプの馬でもありませんから、ダートで前々で粘るというのもいつかは試してみたいですね。ダートをこなせるようなら、選択肢も広がりますから」と感触を話していました。
 そして本日18日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票で今週の京都土曜4R芝1400mに松山騎手で投票行いましたが、2節のアブソルートには枠はなく、除外となっています。
更新日
2017年5月11日(木) 
 先週の京都では、初戦とは違って2番手で進むことができ、変わり身は見せたウインアブソルート。牧野調教助手は「連闘でしたが、中間もゲート練習を入念に行い、5日(金)もビッシリ出して、時計になっていたほどなんです。その効果で、本番でもしっかり出てくれましたし、前で競馬ができたのは収穫だったと思います。最後はタレてしまったように、まだまだ力をつけなくてはいけませんが、最初の頃の追い切りの動きを思えば、本当に良くなっていますよ」とレースを振り返っていました。
 レース後については、昨日10日(水)から乗り始めていますが、「元々とにかく硬い馬なので、疲れから硬くなるという感じはあまり分かりません。脚元などには問題はありませんし、このまま使いながら上向いていってくれると思っています」と説明する同助手でした。
 また、加用調教師は「やはり距離はもう少し短い方が良さそうですが、そうなると間隔を空けないと出られませんからね。基本的には続戦の予定ですが、馬の状態と出走状況を見ながらまた次走を考えていきます」と話していました。
更新日
2017年5月4日(木) 
 先週の京都では、スタートで遅れてしまいましたが、外々を回りながら直線は少しだけ脚を伸ばしたウインアブソルート。レース後は、馬体にまったく疲れはなく、2日(火)から角馬場で乗り始め、昨日3日(水)、本日4日(木)は坂路を1本上がっています。
 牧野調教助手は「この結果でこう言ってはなんですが、良く頑張りましたね。追い切りでは一度も11秒台のラップを出せなかったのですが、競馬では上がり3F34秒9ということは、最低でも2Fは11秒台で走れたいたということですからね」とレース結果を前向きに捉え、「レース後は獣医師に診てもらいましたが、『何も疲れはないし、心臓は使う前より良くなっている』とのことでした。以前はとにかくやる事なす事全てが幼く、常に余計なことをしていたので、叱ってばかりいたのですが、レースを経験してそういう事が少なくなってきました。精神面が少しずつ大人になってきているのでしょうし、中身の面でも使った上積みはあると思います」と話していました。
 また、加用調教師は「バテた馬を交わしただけですから、手放しで喜べる内容ではありません。とにかくレースを使って行かないと変わってきませんので、今週出走枠があれば連闘で行きましょう。距離はこの血統ですから、あまり延びるのは良くないと思いますが、そうは言っていられませんからね。入るところに行きたいと思います」と連闘を決めていました。
 そして本日4日(木)の午後の出馬投票では、今週の京都日曜4R芝1800mに2キロ減の荻野極騎手で出走が確定しています。
更新日
2017年4月27日(木) 
 今週のデビューを予定しているウインアブソルートは、昨日26日(水)に芝コースにて最終追い切りがかけられました。松山騎手が騎乗し、3歳500万下ティーティクイーンと4Fから体を併せて進み、直線へ向かいます。最初に鞍上の手が動いたのはアブソルートの方で、スッと馬なりの相手に離されると、最後も盛り返せず、2馬身の遅れでゴールとなっています。時計は6F80秒9、ラスト1F12秒5でした。
 松山騎手は「以前乗せていただいた時よりは、少しだけ良くなっていますが、それでも硬さがあり、体をうまく使えません。気持ちの面でも前向きさに欠けていますし、現状ではこれが精一杯なのかもしれません。顔や毛色など、兄のバレンチノやムートと似ているところはあるんですけどねぇ・・・」と追い切りの感触を話していました。
 また、牧野調教助手は「カイバ食いはまったく落ちませんし、体は数字以上に大きく見せるんです。入ってきた時はピリッとしたところはありませんでしたが、最近はバレンチノも時折やる、立ち上がったりするヤンチャなところを見せるようになってきたんです。ピリッとして来て、これはいい傾向だなと思っていましたが、調教の動き自体はあまり変わってきませんね。この血統ですから、先々は良くなってくるとは思いますが、現状では厳しそうです」と話していました。
 そして本日27日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の京都土曜4R芝1400mに2キロ減の荻野極騎手で出走が確定しています。
 加用調教師は「先日ブリンカーを着けてゲートをやってところ大暴れして大変でした。その後、ブリンカーを外したら落ち着いていたので、本番ではまずは何もなしでいきたいと思っています。芝コースでの時計が詰まりませんし、この稽古の動きで既走馬相手となると、厳しい競馬になることは間違いありません。なんとかレースを使いながら上向いていって欲しいと思っているので、今回は着順どうこうより、まずは次走に繋げられるようにしたいですね。この血統ですから、どこかで変わってきてくれることを祈っています」と厳しい表情で話していました。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
2戦 0勝 0 0 0 0 0 2
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
5/17 助 手 栗東B 82.9 66.7 51.7 38.6 12.1 4 一杯に追う
マサノハヤテ(三未勝)馬ナリの内を0.5秒先行3F付0.1秒遅れ
5/5 助 手 栗東E 13.2 12.0 14.2 ゲート強目
4/26 松 山 栗東芝 80.9 65.3 51.9 38.5 12.5 2 強目に追う
ティーティクイーン(三500万)末強目の内を0.4秒追走4F併0.4秒遅れ
4/21 中 谷 栗東E 14.0 ゲートナリ
アルバム
2017年5月19日
2017年5月19日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。