ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウインアブソルート カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20140006 3歳 ステイゴールド コスモヴァレンチ 黒鹿毛 2014/3/29 15.5万円 (400口) 栗東・加用正
馬名の意味・由来 : 完全無欠な/英語/Win Absolute
近況
更新日
2017年4月20日(木) 
 来週の京都土曜4R芝1400mでデビュー予定のウインアブソルートは、2キロ減の荻野極騎手とのコンビでそのレースへ向かうことが決まっています。
 今週は、昨日19日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。相手は中井騎手騎乗の3歳未出走アカネラフレシアで、荻野極騎手騎乗のアブソルートが追走してスタート。残り2F過ぎから追い出され、最後は共に目一杯に追われ、アブソルートが僅かに出たところがゴールでしたが、時計は平凡でした。タイムは4F54秒9、ラスト1F14秒1でした。
 荻野極騎手は「チップの入れ替えで、かなり馬場がふかふかになっていましたし、今日は力の要る馬場でしたからね。先週はポリで動けていたと聞いていますし、軽い馬場の方が良さそうですから、本番の方がいい走りができるのではないでしょうか」と追い切りの感触を話していました。
 なお、追い切り明けの本日20日(木)は軽めの運動を消化していました。
更新日
2017年4月13日(木) 
 デビューへ向けて調整を進めているウインアブソルートは、週末9日(日)は坂路で4F60秒7、ラスト1F14秒6という時計を馬なりでマークしています。
 牧野調教助手は「先週の追い切り後から、多少ピリッとしたところが出てきました。これまでは気持ちがまったく入っていなかったのですが、少し変化がありましたね」と話していました。
 今週は、昨日12日(水)にPコースにて追い切りがかけられました。相手は先週と同じで3歳未出走アカネラフレシアで、アブソルートには西村騎手候補生が騎乗し、6Fからゆっくりとピッチが上がります。直線に向いて、共に追い出されましたが、いつもはばったりと脚が鈍るアブソルートが先に抜け出し、最後までリードを保ったままゴールしていました。時計は6F83秒4、ラスト1F12秒3でした。
 加用調教師は「よし、先着した!」と驚きも交えながら声を発し、「ただ、今日は騎乗者の体重が15キロほど違いましたし、正直これで遅れたらもうダメだという気持ちでいました。それでも、なんとか併入くらいまで持っていってくれればという気持ちでいたところ、大きく先着というのは嬉しい誤算でした」と笑みも浮かべていました。
 最後に「しかし、時計はポリトラックコースということを考えれば、平凡ですからね。この軽い乗り役でこのタイムでは、現状ではレースに行ったら厳しいことには変わりありません。あとは先週よりは良くなっていたように、この後、さらに上積みが出てくれば、ですね」と語っていました。
 また、西村騎手候補生は「4コーナーも自分からハミを取ってくれましたし、仕掛けてからの反応も良かったです。いい動きだったと思います。乗せていただき、ありがとうございました」と騎乗の感触を語っていました。
 そして本日13日(木)は軽めの運動を消化していました。なお、デビュー戦は、4月29日、京都土曜4R芝1400mが候補として挙がっています。
更新日
2017年4月6日(木) 
 先週トレセンへ入厩したウインアブソルートは、昨日5日(水)に芝コースにて追い切りがかけられました。相手は3歳未出走アカネラフレシアで、6Fから併走でゆっくりとピッチが上がります。それほど速いペースではありませんでしたが、直線に向いたところでは既にアブソルートの鞍上の手が動き出します。最後は一杯に追われて、なんとか馬なりのままの相手に併入には持ち込みましたが、厳しい動きでした。時計は6F85秒8、ラスト1F12秒9でした。
 加用調教師は「刺激になればと思い、今日はブリンカーを着けましたが、あまり効果はありませんでしたね。放牧を挟みましたが、動きはまったく変わっていませんし、馬体の成長も見られません。この血統ですから、必ず良くなってくると思って、じっくり時間を掛けさせていただいたのですが、この時点で変わり身がないのは厳しいですね」と話していました。
 また、騎乗した牧野調教助手は「今回から担当させていただき、前回との比較はできませんが、芝コースでのこのペースで4コーナーでは手応えがなかったですから、かなり厳しい追い切りだったと言わざるをえません。この血統の馬達はほとんど自分が跨ってきたのですが、晩成とはいえ、早く勝ち上がっていますし、最初から光るものがありました。上のクラスまで行くのに時間が掛かるだけで、この時期には最低でもひとつは勝っていますから。そういう意味で、この時期でこの動きというのは正直、厳しいと感じてしまいます」と厳しい表情で語っていました。
 続けて、「変に精神的に追い込まれてしまうところもありますが、気持ちの問題だけではないような気がします。背中や体全体が硬く、うまく体を使えていませんし、現状では走れる状態ではないのかもしれません。良血馬だけに、ここからなんとか変わってきて欲しいのですが・・・」と最後までトーンは上がりませんでした。
 なお、追い切り明けの本日6日(木)は運動のみで楽をさせてもらっていました。
更新日
2017年3月30日(木) 
 ゲート試験は合格したものの、追い切りタイムが詰まらず、北海道へ再び放牧に出ていたウインアブソルートが、本日30日(木)の検疫で栗東・加用厩舎へ入厩しています。
 加用調教師は「輸送熱もなく、無事に到着しています。明日からは乗っていく予定ですが、以前とどれだけ動きが変わっているかですね」と話していました。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
未出走 0 0 0 0 0 0
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
4/26 松 山 栗東芝 80.9 65.3 51.9 38.5 12.5 2 強目に追う
ティーティクイーン(三500万)末強目の内を0.4秒追走4F併0.4秒遅れ
4/21 中 谷 栗東E 14.0 ゲートナリ
4/19 荻野極 栗東坂 54.9 40.9 27.5 14.1 一杯に追う
アカネラフレシア(三未勝)一杯を0.2秒追走0.1秒先着
4/12 見 習 栗東P 83.4 66.8 51.9 37.6 12.3 6 一杯に追う
アカネラフレシア(三未勝)一杯の内0.8秒先着
アルバム
2017年4月21日
2017年3月17日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。