ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウインミレーユ カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20130021 4歳 ステイゴールド アラームコール 黒鹿毛 2013/3/27 5.5万円 (400口) 栗東・梅田智之
馬名の意味・由来 : 女性名/Win Mireille
近況
更新日
2017年8月17日(木)  
 今週の出走を予定しているウインミレーユは、昨日16日(水)は坂路を楽走で1本乗られ、本日17日(木)に坂路で追い切りがかけられました。柴田未騎手が騎乗し、単走でスタートし、最初の1Fはガッチリと抑えて進み、その後もガツンと来ることなく、ジワッと進めることができると、最後は馬なりのまま脚を伸ばしてゴールしています。時計は4F56秒1、ラスト1F12秒5でした。
 田中調教助手は「未崎騎手が完璧に乗ってくれましたし、いい追い切りだったと思います。ただ、先週は自分が乗ったのですが、そこまでガツンと来るところもなかったんです。今日も未崎騎手が『いつもほどではなかった』と言っていたように、ここ2週はいい追い切りができています」と追い切りの感触を語り、「脚元に関しても、完全にスッキリはしないものの、前走前と同じような状況ですから、悪化もありませんし、競馬には支障ありません。馬体重は466キロとどんどん増えていますし、今は状態がいいのでしょう。暑さにも強いタイプですし、精神的に落ち着いているのもいいですね」と好状態を伝えていました。
 最後に「あとは小倉の地下馬道がどうかですが、前回を見ると、パドック、返し馬とそこまでひどくなりませんでしたからね。今回は念のため、メンコを2重にしてゲート裏で一枚外す作戦でいきますし、おそらく心配はないと思います。今度は牝馬限定戦でメンバー的にもチャンスはありそうですし、なんとか勝ってご褒美の放牧に出してあげたいですね」と意気込みを語っていました。
 そして本日午後からの出馬投票で今週の小倉日曜7R芝1800m牝馬限定戦に和田騎手で出走が確定しています。
更新日
2017年8月10日(木) 
 来週の小倉日曜7R芝1800m牝馬限定戦を和田騎手で予定しているウインミレーユは、昨日9日(水)は坂路を楽走で1本消化し、本日10日(木)は坂路で1週前追い切りがかけられました。最初の1Fはガッチリ抑えて18秒台で入ると、その後は馬なりのままピッチを上げ、最後も脚は鈍らずゴールしています。時計は4F57秒0、ラスト1F12秒8でした。
 梅田調教師は「球節の腫れも治まり、今日の追い切りもうまく乗れていました。来週へ向けて順調ですね」と話していました。
 また、田中調教助手は「球節の腫れは関節液が溜まっているので、追い切りやレース後にはムクミが出るのは仕方ありません。獣医師も『完全に引くにには、放牧に出さないと』と話していますし、もう結構使ってきていますので、あと1、2戦では放牧には出してあげたいですね。それでも、歩様は問題なく、相変わらず落ち着いていて雰囲気はいいですよ。この暑さで汗はかなりかいていますが、もう馬体重が460キロまで戻っているのも体調がいい証拠でしょう。なんとか次で決めたいですね」と話していました。
更新日
2017年8月3日(木) 
 先週の小倉では、道中折り合いはついたものの、直線で追い出しを待たされ、その分勝ち馬に届かなかったウインミーレユ。それでも、復調の兆しは見せましたし、コーナー4つの芝1800mという条件で結果が出せたのも今後に繋がります。田中調教助手は「どうしても地下道に入るとテンションが上がってしまうタイプなんです。それで、いつもはパドックから馬場へ出る地下道でうるさくなるんです。しかし、小倉は馬房から装鞍、パドックへ行く時に一度地下道を通るので、そこでかなりテンションが上がったんです。さらにはそこへレースのファンファーレまで鳴って、本当に危なかったほどです。これまでで一番テンションが上がっていたというくらいでした」と当日の様子を語っていました。
 続けて、「それでも、その後パドックでは落ち着けていましたし、馬場入りの時も地下道を通ったのですが、そこまでひどくなりませんでした。装鞍所のあのうるささで結果が出せたのは逆に大きな収穫だったと思います。次も小倉だと同じようになるとは思いますが、今度はメンコを2枚重ねて、音に関しての対策はしたいと思っています」と次走への対策も語っていました。
 レース後は、1日(火)にトレセンへ帰厩し、本日3日(木)まで運動のみで様子が見られています。
 同助手は「翌日の31日(月)はそこまでではなかったですが、1日(火)に小倉を出発する時に球節の腫れが確認できました。いつもの関節炎で、トレセンに戻ってから獣医師にも診てもらいましたが、『一度しっかり休ませないと、レースや追い切り後のこの腫れは解消されないでしょう』とのことでした。それでも2日ほどすると引いてきますし、歩様にも問題はありませんからね。もう1戦、2戦あたりまでは大丈夫なのかなと思います。馬体はいつも通りもう既に454キロまで回復していますし、落ち着きもあり、状態は悪くありません」と話していました。
 なお、次走は中2週で、8月20日、小倉日曜7R芝1800m牝馬限定戦を引き続き和田騎手とのコンビで予定しています。
更新日
2017年7月27日(木) 
 今週の出走を予定しているウインミレーユは、昨日26日(水)は坂路を楽走で1本乗られ、本日27日(木)は坂路で最終追い切りがかけられました。単走でスタートし、テンの1Fは18秒台とかなりゆっくり入り、ラスト2Fからは馬なりでスーッと脚を伸ばしてゴールしています。時計は4F59秒4、ラスト1F12秒5でした。
 梅田調教師は「しまい重点でしたが、馬なりで最後は脚を伸ばせていたように、いい追い切りだったと思います。前走後は球節に少し反動が出ましたが、それもすぐに回復しています。前回は掛かってしまいましたが、それでも大きく負けなかったように今は状態は悪くありません。馬の後ろでうまく折り合って進められれば、勝ち負けになってもおかしくはないでしょう」と期待も語っていました。
 また、田中調教助手は「実は25日(火)に軽くスクミがあったんです。今までになかったことなので少し心配しましたが、休み明けの火曜日というのと軽い脱水症状から来るものでした。やはりこの暑さで汗もかなりかくようになっていますし、馬体重も現在454キロといつもほど増えているわけではありません。それでも、前回くらいの馬体重でちょうどいいと思いますし、水曜、木曜の動きからスクミの影響はまったくありません」と状況を説明していました。
 最後に「1800mでも結果は出ているように、この距離もこなせるとは思いますが、個人的にはコーナー4つがどうかという疑問があります。前回の2000mの時も初めてのコーナー4つで気持ちが続きませんでしたし、今回もそこがカギになるのではないかと思っています。力を出し切れば勝ち負けになるだけに、なんとか頑張って欲しいですね」と話していました。
 そして本日午後からの出馬投票で今週の小倉日曜12R芝1800mに和田騎手で出走が確定しています。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
17戦 2勝 2 0 1 2 1 11
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
8/17 柴田未 栗東坂 56.1 41.1 26.5 12.5 馬ナリ余力
8/10 助 手 栗東坂 57.0 38.8 25.4 12.8 馬ナリ余力
7/27 助 手 栗東坂 59.4 40.7 25.3 12.5 馬ナリ余力
7/20 柴田未 栗東坂 54.2 39.7 26.0 12.8 馬ナリ余力
アルバム
2017年8月18日
2017年8月18日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
出資予約
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。