ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインランブル
馬コード : 20130002 / 父 : キンシャサノキセキ / 母 : オートキュイジーヌ / 牡 / 栗東・中村均
更新日
2017年6月22日(木)
 先週の出走を回避し、今週へ回ったウインランブルは、週末18日(日)には函館Wコースにて半マイルから時計が出され、4F56秒0、ラスト1F13秒4という時計を馬なりでマークしています。
 レースへ向けた最終追い切りは、昨日21日(水)に函館Wコースにて行われました。単走でスタートし、5Fからピッチが上がると、直線では馬場の真ん中を楽な手応えのまま駆け抜けていました。時計は5F64秒8、ラスト1F13秒5でした。
 中村調教師は「馬体は少しずつ戻ってきていますし、先週よりもいい体になりましたから、今週行ってもいいでしょう」と今週の出走を決断し、「それでも、やはり入厩時に大きく数字が減っていたので、そのあたりのマイナスはあると思います。降級戦になりますが、500万を楽に勝ってのバリバリの降級馬という馬ではありませんし、中間の調整過程からも、ここを使って状態が上向いてくればというところですね」と控えめに話していました。
 そして本日22日(木)は引き運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の函館日曜9Rダート1700mに丹内騎手で出走が確定しています。
更新日
2017年6月15日(木)
 10日競馬で今週の出走も視野に入れているウインランブルは、週末11日(日)には函館Wコースで5F72秒7、ラスト1F12秒6という時計を馬なりでマークしていました。
 今週は、昨日14日(水)に函館Wコースにて追い切りがかけられました。単走でスタートし、5Fからピッチが上がると、楽な手応えのまま直線へ向かい、最後はビッシリ追われてフィニッシュしています。時計は5F68秒4、ラスト1F13秒5でした。
 中村調教師は「10日競馬に対応できるよう、牧場でしっかり仕上げてもらうようお願いしておいたのですが、その分体に余裕がありませんでしたし、輸送で減らしてしまったようで、到着時が前走よりマイナス20キロだったんです。今朝の追い切りは、動き自体は悪くなく、息の入りも良かったようですが、さすがにその数字では今週はやめておきましょう。カイバはしっかり食べ、到着後は順調に馬体重は戻ってきているので、来週の出走は問題ないと思います」と今週の回避を決めていました。
 そして本日15日(木)は運動のみで様子が見られていました。なお、次走は来週の函館の土日にひと鞍ずつ組まれているダート1700mを丹内騎手との初コンビで予定しています。
更新日
2017年6月8日(木)
 前走後は500万への降級を待ち、北海道で休養していたウインランブルが、本日8日(木)の検疫で函館競馬場へ入厩しています。
 中村調教師は「前日7日(水)の夜に競馬場に入っているので、来週の競馬でも行ける態勢になっています。週末から時計を出して、動きが良ければ来週のレースへ向かいたいと思っています」と話していました。
 なお、次走は来週の函館に3鞍組まれているダート1700mが視野に入っています。
更新日
2017年6月7日(水)
 本日7日(水)に北海道・新冠のコスモヴューファームを退厩、明日8日(木)に函館競馬場へ入厩の予定です。
 担当者は「函館まではさほど輸送時間も掛かりませんので、今朝まで軽めに乗り運動を行い、送り出します。馬体重は470キロとそこまで増えなかったことは気になりますが、見た目には細い印象はありませんし、輸送で減らすこともないと思います。馬体のハリもいいですし、移動後はそれほど時間は掛からずにレースを迎えられるはずです」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。